転職をするにあたっては、自分ひとりの力で進めるのは効率が悪いというのが現実です。
ネットが社会の隅々にまで浸透した時代ですから、これを活用しない手はありません。
ネットを調べますと、多くの転職エージェントが業務展開していることがわかります。
求人情報を豊富に持っていますし、相談に乗ってくれるコンサルタントもいます。
しかも、登録は無料ですから転職エージェントを使わない手はありません。
ただ、自分に合う転職エージェントはどこかとなると、悩ましい問題となってきます。
あまりに数が多過ぎて、その選択に困ってしまうのです。
最良の転職エージェントを探すのは至難の業ですが、反対に、最悪の転職エージェントを見破るやり方はあります。
評判のよろしくないエージェントは珍しくありません。
よくあるのが、ヘッドハンティングを装う手法です。
転職エージェントから電話がかかってきて、会ってみたところ、確かに自分が興味を持っている事業会社でのIT関連の仕事でした。
ただ、外資系企業の案件が圧倒的に多く、特定の企業で骨を埋めたいと考えている求職者の意向には合わなかったので、辞退したのです。
そところが、次の日、同じヘッドハンターから連絡があり、その会社が面談を切望している、というのです。
これは、転職の意思が全くない会社に、勝手に推薦されてしまったという事例です。
同様のケースは少なくありません。
そのエージェントの評判を著しく落としてしまうのです。
また、転職エージェントは、求人企業が収益源となっています。
企業からの成功報酬で事業が成り立っています。
ですから、エージェントとしては、合格しやすい企業を登録者に推薦してくるのは極めて自然なアクションです。
応募者の適性や希望よりも、通る可能性の高さを優先するエージェントも少なくありません。
また、月末になるとクロージングを要求してくるエージェントもあります。
毎月の目標を達成するために、登録者に対して、すぐに決めてくれと要求してくるのです。
ほかにも、登録者が希望している業界に無知な担当者がいたり、登録者からスケジュール変更を求められてもなかなか応じない担当者がいるエージェントがあります。
こういった評判の悪いエージェントは、気がついた時点で付き合いをやめるのが賢明です。